- 金子オーナー・金子HD所有各馬の名前の由来を独自解釈 -

馬名頭文字ナ行(14頭)

ナイアガラ
"Niagara"。
ナイアガラという言葉で真っ先に思い浮かぶのはナイアガラの滝("Niagara Falls")であるが、ナイアガラという言葉自体に「急流」、「洪水」といった意味や、比喩的に「殺到」や「ほとばしり」という意味があり、何とも凄みを感じさせる馬名と言えよう。
本馬の馬名をナイアガラの滝に由来するものと考えれば、ナイアガラの滝から流れ落ちる荘厳な水しぶきを本馬の芦毛という毛色に見立てての命名と考えられるし、ナイアガラという単語自体の意味で本馬の名前を捉えると、父Fantastic Lightの"fantastic"(=空想的な、素晴らしい)から連想されたものとも考えられよう。
尚、ナイアガラの滝は、イグアスの滝、ヴィクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布の1つと称され、そういった観点から考えれば、母父Highest Honorから連想された名前とも考えられよう。

ナインティプルーフ
英語で"Ninety Proof"。
"proof"というのはカクテル用語で、お酒のアルコール度数を示す単位の一つ。日本では、「度」や「%」という容量率がお酒のアルコール度数を示すのに一般的であるが、アメリカ・イギリスではお酒のアルコール度数を示すのに、この「プルーフ」という単位を用いることが一般的とされる。
この1プルーフを0.5倍したものが日本で一般的なアルコールのパーセント表示(容量率)になる。
つまり、90プルーフを日本的に言えば、「(アルコール度数)45%」のことになり、馬名文字数制限(9文字)一杯の最高プルーフが本馬の馬名ということになる。

ナパリコースト
"Na Pali Coast"。"na pali"は、ハワイ語で「絶壁」を意味し、"coast"は英語で「海岸」を意味する言葉。
ナパリコーストは、その名の通りハワイ・カウアイ島北西部の絶壁の海岸線で、海の青さと絶壁の海岸のコントラストの美しさは圧巻の一言。
その東の内陸側にはワイメアキャニオンが存在し、こちらも既に金子HD所有馬の馬名となっている。このワイメアキャニオンの同世代の日本ダービー馬がキングカメハメハで、ワイメアキャニオンの存在を軸に、その近隣に位置するナパリコーストという本馬の名前からは、やはりキングカメハメハの存在が垣間見える。

ニュービギニング
英語で"New Beginning"で、意味はそのまま「新たなる始まり」といった感じ。
04年産馬は、94年に初年度産駒がデビューして以来競馬界を席巻し続けたサンデーサイレンス産駒なき最初の世代であり、文字通り新たなる始まりを告げるネーミング。

ニーニャデガルチ
スペイン語で"Nina de Gulch"。"nina"は「少女」や「可愛い女の子」という意味。"gulch"には英語で「渓谷」という意味がある。
意味としては「ガルチの可愛い女の子」となるが、勿論これは「ガルチ産駒の可愛い牝馬」と解するのが妥当であろう。
ちなみに、ニーニャという言葉で思い出されるラ・ニーニャ現象のニーニャと意味は同じ。
また、これと対比する言葉であるエル・ニーニョ現象の"El Nino"は神の子「イエス・キリスト」を意味する。

ヌウアヌパリ
"Nuuanu Pali"。ハワイ語で"nuuanu"は「高地」を意味する"nuu"と「涼しい」を意味する"anu"からなる言葉で、意味は「涼しい高台」といった感じ。
同じく"pali"はハワイ語で「崖」を意味し、その言葉通り、ヌウアヌパリはハワイ・オアフ島に存在する風の強い高台で、ハワイ有数の観光スポット。勿論母ウインドフレスカからの連想であろう。

ネイチャーヒーラー
英語で"Nature Healer"。"nature"は「自然」や「性質」といった意味を持ち、"heal(er)"は「〜を癒す」という意味。
勿論父Valiant Nature(=雄雄しき自然・性質)を受けての命名と思われ、意味的には「自然の治癒者」であったり「自然をいたわる者」といった感じに解せようか。また、解釈によっては「(生まれつき)癒しの能力を持つ者」という風に解することも出来よう。

ネネグース
"Nene Goose"で、これは、ハワイ語で"Nene"、英語で"Hawaiian goose"と呼ばれるハワイの州鳥。
"Nene"は英名の"Hawaiian goose"からも分かる通り、鳥のガンの一種であるが、頭部が全体的に黒いことが特徴的。とすると、父クロフネの「黒」からの連想であろうか。

ノスタルヒアス
スペイン語で"Nostalgias"で、意味は「郷愁」や「慕情」。
本馬の馬名となっているノスタルヒアスは、名曲として名高いタンゴ音楽の楽曲名で、父エルコンドルパサーとは南米音楽繋がり。
父の馬名やフランスへの長期遠征という競走生活から感じられる孤独感や郷愁の念を、母名トキオルンルンの「ルンルン」気分に対比させる形で表し、かつ父と同じ南米音楽の楽曲名でまとめられた秀逸な馬名。

ノットアローン
英語で"Not Alone"で、意味は「一人じゃない」、「〜だけではない」といった感じ。
競走馬として、一人(一頭)で闘っている訳ではないという激励の意味を込めての命名とも、本馬の素晴らしさを感じているのは一人だけではないという、同馬の能力に対する高い期待感を表現しての命名とも考えられよう。
ノットアローンの活躍を見守るファンも、ノットアローン。

ノーザンキッズ
英語で"Northern Kids"。"kid"は「子供」や「若者」といった意味。
母はNorthern Girl。では、その子供は…?答えは当然、"Northern Kids"!

ノーザンヒストリー
英語で"Northern History"。
額面通りに訳せば、「北の歴史」となるが、父ノーザンテーストの作り上げた偉大なる歴史と解することも出来るし、生産牧場であるノーザンファームの歴史と解することも出来る。

ノーバディエルス
英語で"Nobody Else"。訳すと「誰も〜ない」という意味になる。
「誰も見向きもしてくれない」存在では困ってしまうが、本馬は帯広畜産大学で馬術馬として余生を送っている。
尚、松任谷由美作の楽曲に同名のものがある。

ノーフォークパイン
英語で"Norfolk Pine"で、通称「ノーフォーク松」。
ノーフォークパインはハワイでも馴染み深い樹木で、名前とは違い南洋杉の一種とされる。その名の通りオーストラリア領ノーフォーク島が原産とされ、このノーフォーク島はキャプテン・クックが発見・命名したと言われる。